KMA ULTRAVENT® のエアフィルターシステム
職場にきれいな空気
KMA ULTRAVENT® による排ガス浄化
現代のダイカスト工場は厳しい労働衛生環境法令を遵守しなければなりません。さらに、工業分野は地球環境保護をより意識していく必要があります。その理由は、温室効果ガス排出を削減するため、国際的で将来に渡る活動に企業は関与することが求められているためです。

KMA の ULTRAVENT® 排気フィルターシステムはその要求に対応しています。すなわち、排気ガスからの油汚れ、グリース、汚れたエアロゾルの集塵に適しています。このフィルターの特徴は高い集塵力、耐久性及び省エネルギーです。必要に応じて、高い熱交換効率のヒートポンプとの組み合わせも可能です。また、他のエアーフィルター技術と比べると最大で 70~80% もの省エネができるため、ダイカスト工業における温室効果ガスを削減するという大きな目標を達成することができます。
コストダウン―室内循環・屋外排気
ULTRAVENT® 排気フィルターシステムは高い省エネ効果を維持しながら室内空気を清浄化します。高いエネルギー効率は室内循環でも屋外排気でも実現できます。室内循環モードは作業エリアの排気を室内循環することができるため、工場内空気を屋外排出することによる熱の損失を防ぐことができます。また、効率的な熱回収システムを導入することで、屋外排気モードでの運転でも効率的に省エネルギーを達成することが出来ます。いずれの方法でも、一般な換気装置よりもトータルのエネルギー消費が ULTRAVENT®のエアーフィルター技術により最大で 80% 削減できます。さらに、建物と機械は清潔な状態を保つためメンテナンスとクリーニングコストを節減させます。
KMA ULTRAVENT® のエアーフィルター装置の特徴は下記の通りです
  • コスト―抵抗が少なく省エネの清浄器
  • 効率的な自動洗浄によるメンテナンスの削減
  • モジュールの組み合わせによるフレキシビリティ
  • フィルタハウジングとフィルターセルはステンレス製
個別集塵・中央集塵
KMA ULTRAVENT® の排気フィルターシステムは個別集塵と中央集塵を選択できます。個別集塵は各ダイカストマシンにそれぞれ KMA 排気フィルターを備え付けます。煩雑な排気ダクトを取り付けるのは不要です。将来的にダイカストマシンを拡張する計画がある場合でも、各ダイカストマシンの生産はフレキシブルに対応できます。 中央集塵はいくつかのダイカストマシンを1つの排気フィルターと接続します。個別集塵よりも初期設備費用を抑えることができます。しかしながら、排気ダクトが必要になります。
Centralised or decentralised?
室内循環モードで ULTRAVENT® の排気フィルター装置を稼働、工場内の熱エネルギーのロスは抑えられている
フレキシブルとモジュール化
ULTRAVENT® 排気フィルターシステムはフレキシブルでモジュール化に対応した設計です: ULTRAVENT® は排出されるダストの種類に応じて、デミスター、静電集塵器、ヒートポンプを組み合わせて取付可能です。また、各ユニットは後から追加することが可能です。

KMA ULTRAVENT® は汎用的で標準化された集塵フードが付いています。モジュールシステムは作業現場での調整も可能です。KMA ULTRAVENT®の排気フィルターシステムは様々なサイズを用意しております。KMAULTRAVENT® モジュールのサイズは排気流量と清浄度によって設計されます。KMA ULTRAVENT® は最大で1時間当たりに 30,000 立方メートルを集塵できます。ULTRAVENT® 装置はコンパクトに設計されています。排気流量が多い場合は、複数のフィルターモジュールをシンプルに接続する設計です。
Flexible and modular
最大の ULTRAVENT® モジュー
ルは 30,000m3/h のエアー流量